--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-18

「フランケンシュタイン80」~草食系男子におくる肉食系のススメ~

フランケンシュタイン80  ヘア無修正版[DVD]フランケンシュタイン80 ヘア無修正版[DVD]
(2011/12/22)
ジョン・リチャードソン、ゴードン・ミッチェル 他

商品詳細を見る



<感想>

はい!って事で、今回は1972年の“肉食系”ムスコ映画「フランケンシュタイン80(FRANKENSTEIN'80)」だっちゃ!

当館でフランケンシュタイン系の作品を上映するのは、なんと二度目!!
おまけに、どちらもちっともメジャーな作品じゃない!!コレは由々しき事態だ!
と思われた方は、直ぐに退席することをお勧めするだっちゃ!料金は返さないんだっちゃ!!

さて、フランケンシュタインといえばドラキュラと双璧をなす古典怪奇モノの最高峰です。
1931年にベラ・ルゴシ主演の「魔人ドラキュラ」が大ヒットした事に味を占めたユニバーサルは
フランケンシュタインも映画化してしまおうと、矢継ぎ早にベラ・ルゴシに話を持ちかけたところ…

「えっ?やだよ。どうせセリフないんだろ?」

と一蹴。慌てた製作陣は、急遽代役として名脇役のボリス・カーロフを怪物役に据えて撮影をスタート。
蓋を開けてみれば「魔人ドラキュラ」以上の大ヒットとなり、以降この2体のモンスターはホラー映画における
最大のアイコンとして、世界中で親しまれるようになったわけです。

そんな数あるフランケンシュタイン作品の中でも、まぁ~人気の無い本作。(もはや誰も見てない)
タイトルの80は製作年なのかと思いきや72年製作だし…。

ヘア無修正版なんてのがある時点でお察しだとは思いますが、エロ要素が8割を占めています。
同じくイタリア製で、本作の前年に作られた「レディ・フランケンシュタイン」もエロ系でしたが
本作よりは面白かったので、エロが問題だった訳ではないかも知れません。

本当のフランケンシュタインの怪物は愛を求めて彷徨いますが、本作の怪物はエロを求めて
女性のお尻を追い掛け回すだけの俗物。おまけに頭も良くありません。ある意味原作以上に人間らしいかも…。


では、上映終了まであっという間に…。(画質が悪いので、今回は早送り)


心臓疾患を抱える妹の世話を続ける新聞記者のカールは、主治医のシュワルツ博士に
事故死した人間からの心臓移植を告げられ、まさに有頂天。

しかし、臓器移植には拒絶反応がつきもの。
移植をしなければ死を待つのみですが、拒絶反応が起きても死は免れない状況です。

「人間には未使用だけど良い物あるよ。私の研究のためにも是非是非」

と、シュワルツ博士から提案されたのは、拒絶反応を抑える新薬シュワルツ血清。

フランケン801フランケン8011
↑中身は完全なるブルーハワイです。


藁にもすがる思いで血清使用の同意書にサインして移植手術に望みますが
厳重に管理されていたはずの血清が何者かに盗まれ、妹は血清を使うことの出来ぬまま死んでしまいます。

妹の無念を晴らすため、シュワルツ博士協力のもと、血清を盗んだ犯人を突き止める決意を固めたカール。

肉屋を訪れた漆黒のロングコートを羽織ったひとりの男。
指差しでレバーを買い求める男に応じて、冷蔵室に戻る店員の女性を、大腿骨片手に撲殺してしまいます。
この男こそ、フランケンシュタイン博士がシュワルツ血清を盗む原因となった“つぎはぎ”の怪物だったのです。

フランケン802
↑目元が黒すぎてサングラスにしか見えない。
フランケン803
↑あなたはドコから!わたしは胸から


時を同じくして、ある女性の殺人事件を調査しているシュナイダー警部は遅々として進まぬ捜査に
焦りと苛立ちを抑える事が出来ません。

しかし、怪物がフランケン博士の目を盗んでは、売春宿を訪れる性欲バカだったおかげで
すぐに怪しい二人組みの男が捜査線上に浮かび上がります。

フランケン804
↑博士からくすねたお金も使う。(最初からそうしてよ…)


何故か巷で話題となっている連続殺人と血清盗難事件に関連を見出した神がかり的な推理力を持つカールは
シュナイダー警部のもとを訪れ、事件現場からホルマリンの匂いがしなかったかと切り出します。

血清の保管庫付近でホルマリンの匂いがしたと証言した看護師の受け売りですが
警察も事件現場で同じ匂いを嗅いだことから、シュナイダー警部は諸手を上げて大喜び。(それだけですけど…)

その頃、最初の事件現場で見つかったメスの出所を探っていた警察からの問い合わせで
フランケン博士に疑いの目を向けるシュワルツ博士。(二人は同僚の間柄のようです)
のらりくらりと答えをはぐらかすフランケン博士をよそに、併設された隠し部屋から聞こえる激しい物音。

観念したフランケン博士が案内した隠し部屋の中では、目から血を流し暴れている怪物がおりました。

フランケン805
↑シュワルツ博士もビックリです。


呆気に取られているシュワルツ博士の喉下を掻っ捌くと、手際良く眼球を取り出し怪物に移植。
同じく、有力な証言をした看護師も怪物に命じて血祭りに上げてしまいます。

病院では、二人が相次いで失踪したとあって大騒ぎ。
シュナイダー警部もてんてこ舞いで捜査に当たっていると、突然のカール登場です。

何故かは分かりませんが、最初からフランケン博士を疑っている超人的な推理力を持つカールは、
シュナイダー警部と共にフランケン博士の自宅に押しかけますが、二人には会っていないと取り合ってもらえません。

実はフランケン博士の自宅に向かう前に、独自の推理から病院内を探索していたカールは、
机の引き出しから一本のカセットテープを見つけ出していました。
その内容から、フランケン博士が怪物を作り出していた事を知ってしまいます。

シュナイダー警部と共に、再び病院を訪れたカールは一直線にフランケン博士の研究室へ。
そこで、怪物創造を記録したテープと隠し部屋に隠されていた二人の死体を発見します。

フランケン806
↑眼球を移植されてしまったシュワルツ博士。(もう踏んだり蹴ったりですね…)


学費を出資し、娘同然に可愛がっている女子大生のソニアと昼食をとっているフランケン博士のもとへ
再び性欲剥き出しの怪物が登場します。

驚くソニアを逃がし、なんとか理性を取り戻させようとするフランケン博士ですが
血清の効果が薄れ、徐々に繋ぎ合わせた肉体同士が拒絶反応を起こし始めている
怪物を止める事ができず、あえなく撃沈。

フランケン807

フランケン808


逃げ延びたソニアの証言と押収したテープの内容から、警察はマスコミも巻き込んでの
怪物探しに奔走することになります。

ストリッパー・ホームレス・おっしこ中のオッサンなど、手当たり次第に殺しまくる怪物に
後手後手に回るカールたち。(そのうち拒絶反応が始まるはずだと諦めムードです)

フランケン809
↑おっぱい触ってばっかり…。


フランケン博士を失った悲しみに暮れるソニアを慰めるために、彼女のもとを訪れたカール。
そんな二人に怒り心頭の怪物が襲い掛かります。(ソニアに一目ぼれしてしまったらしい)

屈強な怪物に手も足も出ない、へなちょこカール。
万事休すかと思われたその時に、待ちに待った肉体の崩壊が始まる怪物。

フランケン8010


苦しむ怪物を残し、外に出たカールたちに駆けよるシュナイダー警部。

「ようやく終わったよ。警部」

そう呟くカールに労いの言葉を掛け、警部は事件解決まで断ち切っていた煙草に火をつけた。


※とにかくカールの推理力に脱帽。ラストシーンで警部から良い刑事になれると
  お墨付きをもらっていますが、それも当然というものです。

※ホラーでは屈強な肉体を持っているけど、馬鹿・ウスノロのイメージが強いですが
  原作の怪物は極めて高い知力と人間の心を持った優しい怪物ですよね。
  だからこそ、あの悲劇的なラストに説得力があるわけですが…。

※実は小学生の頃に、地元のレンタルビデオ店で借りた記憶があったのですが
  どうやらVHSの日本版は無かった様子。私の勘違いだったのでしょうか…。

※80に何の意味があったのか、誰か私に教えてください。


怖さ:★☆☆☆☆

カナシミ:★★★★☆

カキ氷食べたい度:★★★★★





館長の日記

この映画館が開館してもう何年になるのだろう。普段は目を留めることの無いページの右端。
<2011/10>とある。気付けば二年半を超えているらしい。その間に訪れた方の総数は三万人。

自分が観た映画の中から、少し悪ふざけが出来る作品を選んでの備忘録。ネタバレも厭わない。
当然、自己満足で完結していなければならない。誰かに同意など求めてはいけない類のものだ。

一人の女性が、続いて一人の男性が面白いと言ってくれた。

それは、本当にさりげない。ともすれば日々の日常に埋もれてしまうような、ささやかな言葉。
それでも確かに人生を豊かにしてくれる。
さりげない積み重ねが、人生に彩りを与えるのだと気付かされる毎日である。


私も含め、三人ともそれぞれの嗜好は異なる。が、それでも一点共通のベクトルを持つものがある。


映画…とりわけホラー映画や怪奇小説の類については、お二方ともに私の稚拙な知識を遥かに凌駕する。

どんな映画でも、スクリーンに表現されたものが全てだ。
予備知識がなければ理解出来ない映画に、私は価値を見出そうとは思わない。

しかし、予備知識によって理解を深めることは出来る。

同じ映画を観ても、お二人には私とは違ったものが見えているのだろうと羨ましく思う。
それはそのまま、彼らが確かな愛情を持って映画に向き合っているという証明でもある。

もし私が映画監督なら、彼らのような方々に自分の作品を観てもらいたい。


R・28号様のブログ 「御機嫌如何?」
(日々の心境や生活の事。怪談・アニメ・映画・音楽・文学などの事が中心です)

パガニ−ニop-1様のブログ 「Paracelsus55の\(^ω^)/」
(映画・音楽・NFLなどの事が中心です)

私のつぶやきに付き合って下さった皆様、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト
2014-04-24

「獣人繁殖」~壮大な痴話喧嘩に巻き込まれた男女6人物語~

獣人繁殖 [DVD]獣人繁殖 [DVD]
(2005/06/22)
アンドリュー・キーガン、タラ・サブコフ 他

商品詳細を見る


<映画館復興への道のり>

当館長:もこみちカッコよす!!大森南朋エロす!!

???:何を血迷っているのですか?貴方にはやるべき事があるのではありませんか。

当館長:あ、あなたは…舞人くん!?

舞人君:迷える子羊をこの映画館へと導き、さらなる迷宮への橋渡しを行うのです。

当館長:もっこみち!もっこみち!!もっこみち!!!

舞人君:もこみち君の本当の名字はオモテ…。(ボソッ)

当館長:えっ?……ちょっと誰か~!もぎり嬢一人雇って来てぇ~!!



<感想>

はい!って事で、今回は2001年の“愛で空が落ちてくる系”モンスター映画「獣人繁殖(TEENAGE CAVEMAN)」だよ!

2000年から2001年に掛けて製作された「クリーチャー・フィーチャーズ」の1本である本作ですが
思いのほかカナシミに溢れているので、悲しいことに当館の上映作品に…。

この「クリーチャー・フィーチャーズ」というのは、超一流の特殊効果マンであるスタン・ウィンストン氏が
立ち上げた「スタン・ウィンストン・スタジオ」による5本のTVMシリーズであります。(各物語に繋がりは無いです)

ほへぇ~…と、アホみたいに映画を観ていると、特殊効果マンの存在など忘れてしまいがちなもの。
おまけに日本映画では馴染みの薄い分野なので、これはもう日の当たらない存在となってしまいます。

ところがアメリカではこういった特殊効果マンの作品への貢献度は凄まじく、映画は好き嫌いが分かれても
特殊効果の技術は誰でも凄いと認めるところだと思います。

「ジュラシック・パークの恐竜凄かったよね」

「ターミネーターのメカ造形は強烈だったね」

「遊星からの物体Xに出てくる犬って気持ち悪かったよね」

などなど、特にホラー・SF映画の世界では、欠かせない存在です。

実は上に挙げた作品は、みんなスタン氏の手によるものなのであります。(遊星からの物体Xではイヌのみ)

他にも「エイリアン2」「シザーハンズ」「インタビュー・ウイズ・ヴァンパイア」「プレデター」
    「A.I.」「コンスタンティン」「タイムマシン」「アイアンマン」etc...

挙げればキリが無いほど、大作・名作と呼ばれる作品に参加しています。
その腕が評価され、アカデミー賞を受賞すること4回。まさに80~90年代を代表する第一人者でした。

で、何でそんな大物がこんな映画を創っているのかと言えば、それが全く不思議ではないのです。
元々、メジャーな仕事と並行して「悪魔の改造人間」「ゾンゲリア」などの仕事も行い、時には
監督業もこなすように…。(「パンプキンヘッド」など…)

特殊効果マンにとっては、モンスターなどが出て来る低予算のSF・ホラーなどはまさに
自分の力を存分に発揮出来る場所だったのでしょう。

肝心の話はちっとも面白くない。しかし、ここには彼の意思が残っているのです。
あれほどの名声を手にしても、自分の立ち位置というものを決して見失うことが
無かったスタン・ウィンストン氏こそ、まさに特殊効果マンの鏡。

2008年にこの世を去った天才に、喝采を送りたいと思います。


それでは上映終了までごゆるりと…。

ちょっと君。チケット買ってないでしょう…。誰か、このもぎり嬢クビにしてぇ~!!



獣人繁殖1
YOUはSHOCK!!


愛で~空が~落ちてきた事により、荒廃してしまった近未来。

数少ない仲間たちと原始人同様の生活を営んでいる青年デヴィッドは、過去の文明社会を否定し神の必要性を
説く教祖様(実父)に反発しながらも、同世代の仲間たちと隠し持った雑誌を片手に読み書きの勉強に精を出す毎日。
いつの日か雑誌に載っているような文明的な世界を再建したいと夢見ています。

そんな中、お互いに恋心を抱いているサラが神の導きと称して、父親の侍女に選ばれてしまいます。
しかしデヴィッドは、神の名のもとに父親が自分だけ禁欲の誓いを破っている事に我慢出来ません。

獣人繁殖2

獣人繁殖3
↑ベッドの下にエ○本って…。


侍女といっても、スケベ親父が求めるものはただ一つ。
教祖様の教えを守り、物心ついた頃から人には裸を見せず生きてきた清純派のサラは
神に選ばれた名誉だと頭では分かっていても、そう簡単に考え方を変えることが出来ません。

ベッドの上で揉み合う二人を目撃したデヴィッドは、激昂したはずみで父親を殺してしまいます。

獣人繁殖4


当然ながら殺人は重罪。理由はあれど教祖様を殺してしまったデヴィッドに対する住民たちの怒りはすさまじく
晒し者として磔の刑を宣告され、徐々に衰弱死するのを待つばかりです。

獣人繁殖5
↑もっこみち!もっこみち!!もっこみち!!!


サラとデヴィッドの仲間たちは、これまでの規則に縛られた洞窟での生活を捨てる覚悟で彼を救出。
外界を知らぬたった6人の行く当てもない旅が始まりました…。



































直ぐ着きました。

獣人繁殖6
↑徒歩30分くらいでしょうか?


夢にまで見た文明社会の残り香“都市”です。
喜びに打ち震える6人は、嵐が近付くなか都市に向かって歩を進めます。


大音量の音楽で目を覚ました6人は、見たことも無い部屋で見たことも無い下着を身に着けています。
パニックに陥る彼らのもとに、一人の男が現われました。

獣人繁殖7
↑どう考えても係わってはイケナイ人でした。


大昔の研究所をベースに文明的な生活を営んでいるニールとジュディスの二人は
嵐で行き倒れていた6人を救い、彼らに新たな生活の場を提供してくれました。

獣人繁殖8
↑な、何故そんなものがココに…?


なんと彼らは、100年前に人類滅亡の危機を迎えた当時の科学者たちが
遺伝子工学の粋をあつめて創り上げた超人類だったのです。
年をとることもなく、傷を負えばたちどころに治ってしまう、まさに究極生命体。

獣人繁殖30
医者は人のからだはなおせても・・・ゆがんだ心の底まではなおせん。


獣人繁殖9
↑普通に会話が成り立つのが凄い。(さっきまで原始人だったのに…)


規則に縛られた生活から一転、自由を手に入れた6人に二人が甘く囁きます。
それは、今まで封じ込められていた性欲の解放でした。

獣人繁殖10
↑こんなのが10分近くも続く…。


しかし、サラだけはそう簡単に変化を受け入れる事が出来ません。
彼女を心配するデヴィッドと共に、乱交に耽る皆を残して部屋へと戻ってしまいます。


その夜、猛烈な吐き気と全身の痛みに苦しむエリザベスは、ニールたちに助けを求めます。
…が、彼等の言葉に自分たちが騙されていたことを知るのです。

獣人繁殖11

獣人繁殖12
↑中からポーン!!(なんでやねん…)


翌朝、エリザベスの姿が見えないと心配するデヴィッドたちに対して、ハシカに掛かり隔離しているというニール。
彼をまったく信用していないサラが、感染覚悟で様子を見せて欲しいと申し出て、エリザベスのもとへと向かいます。

エリザベスは病気にもかかわらず元気でした。

妙な違和感を感じたサラは、部屋を出る瞬間に見てしまったのです。
エリザベスがジュディスに変化する瞬間を…。

獣人繁殖13

                      

獣人繁殖14

                      

獣人繁殖29
( ゚д゚) ・・・ (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚)


サラとデヴィッドの不信感は募るばかりですが、その他の仲間たちは今の生活に大満足。
黒人系のジョシュアは、狩りに行くというニールに同行。初めて乗る車に大感激です。

狩り先で車の整備をするニールに、ジュディスに恋したことを告げるジョシュア。
その話を複雑な表情で見つめていたニールが突如豹変。ジョシュアを殺害してしまいます。

獣人繁殖15
↑実は嫉妬に狂っていたニールさん。


獣の仕業だと説明するニールの嘘を見破るサラとデヴィッド…ともう一人。
二人になった途端、ジュディスがニールに食って掛かります。

どうやらこの二人はもともと恋人同士なのですが、この肉体を手に入れてからというもの
すっかり自堕落な人間になってしまったニールに、ジュディスは愛想を尽かしているようです。

昔のあなたに似ていたとジョシュアの死を嘆くジュディスに対して相変わらずニヤケ顔のニール。
長い年月を生きてきたことで、人間性が少しずつ失われてしまっているのです。

獣人繁殖16


そんな事情を知らないサラとデヴィッドは、協力して二人の秘密を探り始めます。

ジュディスの研究成果を盗み見たデヴィッドは、二人がウイルス感染によって生き長らえていること。
そして感染経路は、セックス・オーラルセックスによるものが望ましいという事を知るのです。

獣人繁殖17
↑だから乱交パーティーしてたのね…。


彼らは妊娠ではなく、セックスによるウイルス感染によって種族を増やす事を目的に
感染による急激な肉体の変化に耐えうるような新薬の研究を行っていました。

ついにニールたちの目的を突き止めた彼らは脱出を試みますが、進化に成功した仲間は
この生活を捨てたくないと、あっさりとニール側へ寝返ってしまいます。

獣人繁殖18


サラに変身したジュディスの策略により、ついにデヴィッドまでもがウイルスに感染。
しかし、超人類へと進化してしてもなお、サラを案じる心を残していたデヴィッドにより
サラはたった一人、研究所を脱出します。








































すぐ捕まります。

獣人繁殖19


すっかり性欲の塊となってしまった元仲間のヴィンセントに襲われ、感染の危機を迎えるサラ。
そこに、一人の男が現われます。

獣人繁殖7


獣人繁殖20
↑もはやただの男嫌いにしか見えないニールさん。


超人類へと進化した仲間たちを、次々と殺して廻るニールにブチ切れたジュディス。
壮絶な痴話喧嘩の末に、ニールはうっかり彼女を殺してしまいます。

獣人繁殖21
↑これ殺す気マンマンでしょ?(心臓を抉り出してみる…)


悲しみに暮れたニールは、お前らさえ現われなければと、自分たちで救っておきながら身勝手な理屈を並べる始末。
隠されていた力を解放すると、筋骨隆々の醜い化け物へと変化してしまいます。

獣人繁殖22


サラを救うため、進化したデヴィッドも力を解放し戦いますが、流石にニールが一枚上手。

獣人繁殖23
↑デヴィッドよわっ!!


二人が人外の戦いを繰り広げる中、逃げ回っていたサラが劣勢のデヴィッドにショットガンを手渡します。

獣人繁殖24
↑ショットガンで開けた穴に手榴弾を詰めて…

獣人繁殖25
↑爆破!!(傷がふさがってしまい取り出せなかったニールさん)


全てが終わり、デヴィッドはサラに洞窟へと戻るよう諭しますが、サラはそれを拒否。
二人は、初めて自分たちの意思で身体を重ね合わせます。

獣人繁殖26


奇妙な服に身を包んだデヴィッドが、かつて暮らした洞窟へと戻って来ました。
呆然と彼の姿を見つめる住民たちに、子供を連れて行くと高らかに宣言します。

これからは、彼がニールの意思を引き継いでいくのでしょうか。

獣人繁殖27

獣人繁殖28
↑前髪ちょんまげさえも完全再現。(そりゃ、村人もこんな顔になっちゃうよ…)


※デヴィッドたちの洞窟とニールの研究所は子供の足でも十分行き来が可能な位置関係らしい。
 もっと前に誰か気付けよ…。ニールに至っては100年間も何してたんでしょうか?

※途中からサラがマコーレー・カルキン君にしか見えなくなってくるから不思議です。


怖さ:★☆☆☆☆

カナシミ:★★★☆☆

ニールさんへのリスペクト度:★★★★★
2012-09-26

「キラー・アイ/悪魔の巨大眼球モンスター」~8次元は性交禁止!?巨大眼球のテクニックから貴女はもう逃げられない!!~

キラー・アイ 悪魔の巨大眼球モンスター [DVD]キラー・アイ 悪魔の巨大眼球モンスター [DVD]
(2003/11/19)
ジャックリーン・ロベル、ナネット・ビアンキ 他

商品詳細を見る


<感想>

はい!って事で、今回は1998年の“性欲爆発系”「キラー・アイ/悪魔の巨大眼球モンスター(THE KILLER EYE)」です。

1996年に製作され一世を風靡した「キラー・コンドーム」の亜流作品と思われる本作。
ご存知の方も多いのでは無いでしょうか?

そのため、こちらも大して笑えないコメディ色の強いエロ映画となっております。

チャールズ・バンド率いるフルムーン・ピクチャーズ製作な時点で、どんな映画か想像出来るというモノです。

他に感想は無いですねぇ~。


それでは、上映終了までごゆるりと…。


8次元の研究をしているヒモ男のジョーダン博士は、研究成果を上げるために一生懸命。
街からゴロツキの兄ちゃんを連れ込んでは、怪しげな点眼薬の実験をしています。

キラー・アイ1
↑残念、保証されてません!!


そんな夫に妻のリタは、ご不満な様子。
実験途中で顔を出しては、邪魔ばかりしています。

キラー・アイ2
↑失明したゴロツキは数知れないようです。


※ここで、この実験を簡単に御説明しますと…

①謎の目薬を差す。
      
②目がムズムズする。
      
③謎の装置を覗く。(天体望遠鏡くずれみたいな…)

という三段階で構成されております。


研究助手の給料から研究費用まで面倒を見てくれているリタに対して、やけに強気なジョーダン博士は
邪魔をするな!と一喝し、彼女を同じアパートメントに住んでいるセフレの下へと厄介払いしてしまいます。

キラー・アイ3
↑とにかくSEXがしたいリタさん


そんな夫婦間のゴタゴタの間に、素直な兄ちゃんは博士に言われていた通り、謎の装置を覗きます。…がっ!
その直後に様態が急変。左目を押さえながら倒れこんでしまいます。

なんと兄ちゃんの目から、巨大化した目玉がっ…!!

キラー・アイ4
↑明らかな方向性


こうして性の知識だけを吸収したキラー・アイは、ジョーダンが戻る前にそそくさと逃亡。
ジョーダンの下に残されたのは、ゴロツキ兄ちゃんの死体だけです。

キラー・アイ5
↑博士が殺人犯になった瞬間


一方、ジャンキーのジョーとトムの部屋を訪れたリタは、呆れる二人を他所に
早速ベッドイン。強すぎる性欲を満たそうと必死です。

キラー・アイ6
↑同じアパートにセフレって…


死体の処理に困ったジョーダンは、これまた同じアパートに住んでいる研究助手のモートンの下へ…。
妻とデートへ出掛ける直前の彼を強引に連れ出すと、怪しげな嘘を並べ立て、死体を屋根裏部屋へと運ぶ
手伝いをさせますが、ジョーダンと違い優秀なモートンは、あっさり彼の嘘に気付きます。

キラー・アイ7
↑博士は開き直るのも早い。


そんなやり取りを屋根裏部屋で瞑想に耽っていたビルに発見されるも、死体を箱に隠している事に
安心した二人は、ビルを残してさっさと研究室に引き返してしまいます。


あっと言う間に使い物にならなくなったジャンキー2人に愛想を尽かしつつ、三人で仲良く眠り込んで
いるリタの下へ姿を現したキラー・アイ。初めて見る女性の体に興奮気味です。

さっそく触手を駆使してリタの体をイジるキラー・アイですが、思いのほかテクニシャンだったらしく
身体を捩らせ続けるリタのせいで目を覚ましたジョーに突然攻撃を開始。

キラー・アイ9
↑危険に見えますが死んだりしません。


あっと言う間に酔っ払い状態のジョーを放置し、再びリタをイジりまくるキラー・アイ。

キラー・アイ10
↑このキラー・アイ視点が延々と続く…。


ところが、今度はトムが目を覚ましてしまい、流石に退散するキラー・アイ。
トムは化け物を見たと真剣に訴えますが、リタはジャンキーの戯言と非常にドライな反応です。


研究室に戻り、何とか化け物を捕まえなければと一人で熱くなるジョーダンに対して
どんな危険生物かも分からないのに、二人で捕獲なんて出来るかバカ!と猛反対するモートン。

しかし、そこは雇われ助手の悲しい性。妻との生活を守る為、強引に協力をさせられる事に…。

手始めに、ジョーとトムの部屋へと向かったモートンは、その場に居合わせたリタの誘惑にも負けず
調査を開始。何故か都合良く用意されている異生物探知センサーを四方八方へ振り回しますが
反応するのはジョーとリタに対してのみ。

二人が、異生物と接触しているとは思いもよらないモートンは、機械の故障と引き上げてしまいます。

一方、夫にデートの約束を反故にされたモートンの妻ジェーンは、キレ気味に日課のトレーニングを
済ませると、シャワールームへ…。その背後に忍び寄る丸い影…。

キラー・アイ12
↑触手系AVになってしまっている。


一時は退いたキラー・アイですが、性欲に負け再びジェーンの下へ戻ってくると行動を開始。
お風呂上りのジェーンは、夫が戻ってきたと思い込み、背を向けたままです。

キラー・アイ13
↑とにかく尋常じゃない女体への正確なアプローチ


キラー・アイの卓越したテクニックに骨抜きとなったジェーンの下へ、ようやくモートンが帰宅。
事態に気付いてビックリ仰天の二人ですが、一足早くキラー・アイの光線攻撃に遭い、性奴隷へと…。

キラー・アイ14
↑やけに艶かしいモートン (リタより数段セクシーでした)


案の定ビルに箱の中身を見られてしまったジョーダンは、口封じに彼を殺す決意を固めます。

キラー・アイ15
↑これではただの殺人鬼ですが…。


しかし、ビルの頭にはそもそも脅迫などという低俗な概念は無かったようで
誰にも口外しないというビルの言葉に、ジョーダンも大満足のニコニコ顔です。

キラー・アイ16

キラー・アイ17

キラー・アイ18
↑一秒後には口外しちゃうビルさん


ビルの言葉を受けて、一人屋根裏部屋へと向かったリタは、何気なく例の箱を覗き込む。
すると、死んでいたはずのゴロツキ兄ちゃんは元気に活動中です。

キラー・アイ19
↑ここまでエロいとジョーダンも大変ですね。


死体を見られちゃ大変!と、駆けつけたジョーダンたちの前で、遂に姿を現したキラー・アイ。
モートンのおかげで、ヤツが光に弱い事を知った彼らは、半信半疑ながらもジョーダンが言う
8次元の異生物捕獲にしぶしぶ協力する事に…。

キラー・アイ20
↑セ、セコ過ぎる…。


すっかり蚊帳の外扱いのジョーとトムのバカ二人。
未だに酩酊状態のジョーがトイレに立った隙に、トムの下へキラー・アイが現れます。

キラー・アイ21
↑やけに余裕のトム (さっきは取り乱してたのに…)


ジョーがトイレから戻ると、すっかり発情中のトム。
「女が欲しい、女が欲しい」と喚くトムの扱いに困ったジョーは、リタに相手をしてもらえと
完全に他人事のような適当な対応。その言葉を受けてトムは部屋を出て行ってしまいます。

怪物捕獲の準備に大忙しのリタたちは当然トムの相手をしている暇などなく、妻を心配している
マートンの頼みで、トムはジェーンの下へと向かいます。

しかし、このとき既にトムに寄生していたキラー・アイは、ジェーンの下へ辿り着くと行動を開始。
騒ぎを聞きつけてジョーダンたちが駆けつけた時には、トムは脳の養分を吸い取られ死んでしまいました。

キラー・アイ22
↑どういう理屈かは謎です…。


偶然か?はたまたキラー・アイの仕業か?突如停電に見舞われるアパートメント。
研究室は自家発電可能という事で、ジョーダンがブレーカーを確認に行く間に、皆さん研究室へと避難します。

屋根裏部屋で、一人ブレーカーを確認していたジョーダンの背後に迫る丸い影…。

一同の下へと戻ったジョーダンは、ストップウォッチを片手に事態収拾の作戦を発表。
リタを囮にキラー・アイをおびき寄せ、爆弾で木っ端微塵にする事を提案します。

キラー・アイ23
↑えっ!?周囲の建物も爆破しちゃうんですか!?


リタを伴って屋根裏部屋へと戻ったジョーダンは、そこで真相を暴露。
先程のキラー・アイとの邂逅で、彼の目的を知ったジョーダンは、お互いの目的に協力をする事を条件に
一人で勝手に同盟を結んでいたのです。

キラー・アイ24
↑そんなヤツと同盟結ばれても…。(´・ω・`)


研究室に残った面々も、爆破作戦が嘘だと気付き、急いで屋根裏部屋へ…。
親友を殺され逆上しているジョー、そしてビルと、襲い掛かってくる人間を
立て続けに消滅させつつ、徐々に階を下り、舞台は研究室へと…。

キラー・アイ25
↑実は凄い恐ろしかったキラー・アイ光線…。


ここで、何故か謎の8次元観測装置の横に陣取ると、全く動かなくなるキラー・アイ。
リタの機転で強力なライトを照射されると、堪らず次元の穴を開け始めます。

そこへ笑顔で駆けつけるジョーダン。夢を叶える第一歩です。

キラー・アイ26

キラー・アイ27
↑躊躇無く8次元の世界へと飛び込むマッドサイエンティスト


皆が見守る中、8次元の世界へと消えたジョーダン。
それを見届けると、キラー・アイもまた8次元の世界へと帰っていくのでした。

全てが終わり、ホッと息つく三人…。しかし訝しげにお腹をさするリタとジェーンの体内には
しっかりとキラー・アイの遺伝子が…。

キラー・アイ28
↑完全に三次元やん…。(というかエジプトやん…)


怖さ:☆☆☆☆☆

カナシミ:★★★★☆

キラー・アイのテクニック:★★★★★

ハムスターのベック

時々エサをあげてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。