--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-27

「メガロドン」~主役チェンジでお願いします~

メガロドン [DVD]メガロドン [DVD]
(2002/10/25)
マーク・シェパード、ロビン・サックス 他

商品詳細を見る


<限りなくいい加減なあらすじ>

石油危機解消の為に、掘削不可能とされた深海の油田掘削に着手したネクセコン石油。
新たな油田開発に期待が寄せられる一方で環境団体等からは深海での掘削が生態系への悪影響や
大規模な地殻変動を誘発する恐れがあると非難の的になっている。
憤慨したネクセコン石油のCEOピーターは自身の正当性を主張するべく週に一度の人気情報番組「クエスト」に取材を以来する。

こうしてレポーターのクリスティンとカメラマンのジェイクは巨大掘削施設「コロッソス」に向かう。
順調に取材を進める彼女たちだが、ドリルの掘りクズを吸い取る吸入ラインに異物が混入した事により微かな緊張感が…。
その異物を取り除く現場に立ち会った所、飛び出てきたのは太古に絶滅していたはずの生物
ダンクルオステウス」の稚魚であった。
クルーの一人が負傷する中、引き続き行われた掘削により海底に未知の空洞が現れる。
そこから現れたものは…


<いい加減な感想>

はい!って事で、今回は2002年の“目覚める系”サメ映画「メガロドン(Megalodon)」です。

メガロドンが出てくるのは、スタート後50分を過ぎた辺りからで、どちらかと言えばダンクルオステウスが
主役の様な気がしてくる本作。(←たぶん言い過ぎ)

メガロドン4

メガロドン5
(↑やたらとゴリ押ししてくるダンクルオステウス…)


当のメガロドンはといえば、ラストの方までこれといった見せ場も無い木偶の坊状態ですが
避難の為に浮上した氷上でのバトルはある意味で見物です。

メガロドン1
……


メガロドン3
…………


メガロドン2
………………(氷にぶつけて赤くなった鼻)


ん、んん…ゴホッ…まぁ、こんなモンでしょう。

ラストはお決まりの爆破。ジョーズ以来の伝統ですね。ここは譲れません。

「これは俺たちが蒔いた種だ。俺たちが責任を取ろう」

コロッソスのクルー、ロスの涙を誘う自爆攻撃。

メガロドン6
えっ!?(°∀°)
何ですか?線香花火の落ちる寸前ですか?そうですか。


せっかく復活したばかりのメガロドンの成れの果て…。

メガロドン8
※スイカの断面ではありません。


んで、まぁ、最後は時が流れて、生き残ったクリスティンがクルーザーの上で同じく生き残ったピーターに
手紙を認めているシーンでフィニッシュ。

メガロドン9
しっかりクルーザーの下にメガロドンを持ってくるあたりに、そこはかとないB級臭を感じます。
(ちなみに続編は出てません…)


しかし、メガロドンの一匹や二匹どうって事も無いでしょう。

メガロドン10

メガロドン11
↑正直メガロドンどころじゃない心配のタネ…
(空洞から大量発生中のダンクルオステウスさん)


ちなみにAmazonのDVD情報では出演者のトップはマーク・シェパードとなっているが、一番目立っているのは
ロス役のアル・サピエンザです。たぶん主役は彼です。そもそもマーク・シェパードは脇役です。
きっと日本での知名度の問題です。

メガロドン13
↑小娘に栄光の古傷を見せつけノリノリのロス(°∀°)


怖さ:★☆☆☆☆

カナシミ:★★☆☆☆

ダンクルオステウスのおざなり感:★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ハムスターのベック

時々エサをあげてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。