--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-17

「案山子男」~主人公は二度死ぬ~

案山子男 [DVD]案山子男 [DVD]
(2003/07/04)
ティファニー・シピス、マーク・アーヴィソン 他

商品詳細を見る


<面倒なので手抜きなあらすじ>

僕はカカシになりたい…。


<参考にならない感想>

はい!って事で、今回は2002年の“幸薄系”モンスター映画「案山子男(SCARECROW)」です。

良いですねぇ~。既にパッケージから漂う強烈なB級臭。こういう匂いは隠さない方が良いですね。

ストーリーとしては、母のエッチ相手に殺された苛められっ子の男の子の魂が案山子に乗り移り

今まで、自分を苛めた連中に復讐をするという作品ですが…。

本来であれば、この手の作品で真っ先に思い出すのは「キャリー」と言いたいところですが…

私としては、もはや伝説と化しているトロマ製「悪魔の毒々モンスター」を推したいところです。

きっと、製作陣はキャリーよりもメルビン君が好きだったに違いありません。(私は信念に基づき断言します!)

ときどき必要無いカットが入りますが、それなりにテンポも良く、案山子の造形も悪くないんじゃ無いでしょうか。

強くなった主人公が増長する辺りは、イラッとしますが生前の苦労を考えると寛容な心で許してあげられます。

B級映画のアメリカンスピリッツを感じさせてくれる作品ですね。


それでは、上映終了までごゆるりと…。


真夜中のトウモロコシ畑で下らない話に華を咲かせる男が三人。
徐々に異様な雰囲気に包まれる中、一人の男がこんな話を始めます…。

案山子男1
↑おしゃべり大好きなミッチ


レスターは淫乱な母親と汚いトレーラーで暮らし、度を越したイジメに遭っている冴えない高校生。

案山子男2
↑もう見るからに幸薄そうなレスター君


いつも酷いイジメを受けながらも、内気で気の弱い性格から、言い返す事も出来ずに悩んでいます。

案山子男4
↑先生にまでこんなん言われたら死んでしまうわ


そんな中、ジュディだけは彼に少なからず好意を抱いているようで、レスターを心配している様子。

案山子男3
↑右の女子プロがジュディね (左はレスター君がキモくて仕方ないモーガンさん)


そんなある日、同級生たちの溜り場でも相変わらずイジメにあっているレスターを見かねたジュディは
いじめっ子のチャドに堂々と啖呵を切ってくれます。
しかし、何故か店長に怒られ「問題を起こすな」と店を追い出されるジュディ。

翌日、ジュディにお礼を言い、何か恩返しがしたいというレスター。
恥ずかしそうにしながら、淡い期待を寄せるジュディ。

案山子男8
↑とにかくレスター君が老け過ぎなんですよ…
(手の先端がブレているのは高速移動の為です。私のせいじゃありません)


そんなある日、ジュディは友人のモーガンに誘われ、嫌々ながら仲間内のパーティーに参加します。
見ればイジめっ子のチャドも参加しているようで、溜り場での騒動について謝ってきます。仲直りに酒の飲み比べをする二人。

案山子男10
↑アメリカ人がパーティー好きなのは家が広いからですよ…きっと…。
(白いモヤモヤはタバコの煙です。私のせいじゃありません)


一方、レスターがジュディにプレゼントする為の絵を自宅で描いていると、淫乱ママがランチで一緒になっただけの
ヒューイットとエッチをする為に帰ってきます。
ジュディの為に描いた絵を踏みつけられた挙句、哀れにも家から追い出されてしまうレスター。

案山子男11
↑まず一緒にランチをする気を起こさせないヒューイット


行く当ても無く、街をフラフラ。気がつけば例のパーティー会場に辿り着きます。
そこに運悪く、飲み過ぎた頭を冷やす為に家から出てくるジョディとチャド。
好きではないと言いながらも、チャドとキスを交わすジュディ。

案山子男14
↑仲直りのキス


案山子男15
↑顔を覆うレスター君


もちろん酔った勢いでの事なので、ジュディはチャドの事を全く好きでは無いのですが
勘違いしてしまったレスターは、必死で呼び止めるジュディにも気付かず走り去ってしまいます。

唯一の味方と信じていたジュディにも裏切られてしまったレスターは何かが吹っ切れたかの様に自宅のトレーラーへ。
エッチ中の二人に罵声を浴びせ、出て行けといいますが、逆にヒューイットの逆鱗に触れてしまいます。

案山子男16
↑これは確かに淫乱ママですね♪


追い掛け回され、トウモロコシ畑のカカシの足元で首を絞められ殺されてしまうレスター。
ヒューイットを庇う形で警察に通報したため、自殺として片付いてしまいます。

案山子男19
↑不幸過ぎて言葉に出来ない…


自分が原因で自殺したと落ち込むジュディ。

案山子男20
↑結構本気でレスター君が好きだったジュディさん


そんなある日、だらしない生活を送るヒューイットに堪忍袋の尾が切れた淫乱ママは
とうとう彼をトレーラーから追い出してしまいます。

夜も更ける中、酔っ払い、フラフラのヒューイット。
そんな彼の前に、突然小汚い案山子が現れます。

案山子男21
↑鎌で首をサッ!(ハイ!お気付きの通りレスター君です。)


高校では、もともと存在感の無かったレスター君の事件など無かったかの様に平穏を取り戻しています。
ある日、チャドの提案でトウモロコシ畑にてダブルデートをする事になったチャド&モーガン+グレッグ&ステファニーの4人。

案山子男23
↑赤毛のステファニーが中村うさぎさんにしか見えない…


ステファニーとエッチしようと一生懸命口説いている最中にグレッグが瞬殺され、連れ去られます。
ステファニーの叫び声で駆けつけたチャドがグレッグを探しますが、何も見つかりません。
(ちなみに事件を担当する事になった保安官は、ジュディの父親です。)


親友が死んだことに気が動転しているチャドの元にも、当然の如く案山子男が登場!!

案山子男27
↑やけにアクロバティックな登場をする案山子…


案山子男28
↑耳にグサッ!(凶器:トウモロコシ)


その日の夜、新しい男と同棲を始めている淫乱ママの元にも案山子男が登場。
新しい同棲相手を殺し、ママに事の顛末を話すレスター。仕上げにママを殺そうとしますが
案山子の中に残るレスターの良心が彼女を殺すことを拒み、逃げるように走り去ってしまいます。

しかし、その後は先程の伏線もお構いないで適当に関係があるのか無いのか良く分からない方々を
せっせと殺しまくるレスター君。

流石に案山子が怪しいと睨んだ保安官達が、トウモロコシ畑の持ち主であるヘイリーに協力を要請する事に…。
彼は、この地には古くから悪魔が潜んでいると強弁します。

案山子男34
↑今から悪魔の存在を説明してやると息巻く農場主。(内容は一切教えてくれません…)


案山子男36
↑急にレスターと悪魔が結び付いています。


半信半疑ながらもモーガンに連絡をする保安官。
モーガンの証言で、レスターがチャドに苛められていた事実を知った保安官にさらに衝撃の事実が!

レスターはジュディに恋心を抱いており、自殺した夜、チャドとジュディのキスを見て取り乱していたというモーガン。
レスターの怒りが娘の身に及ぶと危感じた保安官は、急いで自宅に向かいます。

その頃、ジュディは自宅で案山子男に遭遇。
あっさり正体を明かし、復讐してやるとジュディをプールに連れ出す案山子。

案山子男39
↑そりゃ、驚きますわな


駆けつけたパパ達をあっさり片付け、ジュディに襲い掛かる案山子男

案山子男41
↑思わせぶりで、結局なんの見せ場も無いお父さん


何とか逃げ出したジュディは車で逃亡。懲りずに追いかける案山子男。
機転を利かせて塀と車の間に案山子を挟むと、ガソリンをぶっ掛けて燃やすジュディさん。憐れみの心はありません。

案山子男42
↑案山子なので良く燃えるようです。(結局、誤解は解けないままで終わり)


こうして話は終わります。

案山子男43
↑正直ちっとも怖くない案山子男の話


なおも、生き残った人々のどうでも良い後日談を聞かされ、呆れて帰ろうとする仲間達。
しかし、この話には驚きの結末があると仲間を引きとめ静かにレスターの名を呼ぶミッチ。

案山子男50
↑この発言がフリになっているようです。


途端に、ミッチの後ろに立てられていた案山子が上から降ってきます。
あっさり案山子男によって殺されてしまう仲間達。

案山子男53

案山子男52
↑何故か大笑いの案山子&ミッチ (と言うか、あなたは一体何者ですか?)


※正直言ってアメリカの案山子なんて映画やドラマでしか見たことありませんが、とにかく不気味ですよね。
  あれが実際の片田舎に立っているならオシッコチビるところですが、実際はどうなんでしょう?
  日本の案山子だったら、武器を持つのも一苦労しそうです。それ以前にのどかな風景になってしまいますかね~。


怖さ:★☆☆☆☆

カナシミ:★★★☆☆

レスター君の幸薄度:★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ハムスターのベック

時々エサをあげてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。