--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-26

「デビルズ・ゾーン」~マネキン動く!動く!!~

デビルズ・ゾーン [DVD]デビルズ・ゾーン [DVD]
(2000/11/24)
チャック・コナーズ

商品詳細を見る


<投げやりなあらすじ>

仲良し5人組が足を踏み入れたのはマネキン大好きな変態オヤジの館であった…。


<投げやりな感想>

はい!って事で、今回は1979年の“超能力系”マネキン映画「デビルズ・ゾーン(TOURIST TRAP)」でありんす。

まず始めに言っておきたいのは、この映画は非常にグロテスクであるという事でありんす。

この映画は、そのプロットから1974年に公開されたホラー映画の金字塔「悪魔のいけにえ」の亜流作品で
あると言われているでありんす。

たぶん、それは間違いないのでしょうが、監督のデビッド・シュモーラーが撮りたかったのは悪魔のいけにえの
パロディではなく、マネキンの持つ不気味さだけでありんす。

少しだけ真面目な話をすると、マネキンの持つ不気味さはロボット工学における「不気味の谷現象」に
通ずるものがあるのではないかと個人的には思っているでありんす。

これは、ロボットが人間に似た姿に改良されるにつれ、人間は好意を示すようになるが
ある地点では極度に嫌悪感を抱き、更なる改良によって再度好意的な感情を持つと言う概念でありんす。

もちろん、これは現時点では証明されていない概念ですが、私は直感的にそうだと感じているでありんす。

ASIMOやドラえもんに好意を抱く人間が極端にリアルなアンドロイドなどに一種の嫌悪感を示すのは
よくある事だと思うでありんす。
あまりに精巧な為、わずかな感情表現の差異や微妙なズレが逆に不気味さを誘うでありんす。

小さな子供にこの映画を見せれば、しばらくの間はマネキン恐怖症に出来るでありんす。

つまり、マネキンホラー映画の傑作でありんす。


旦那様方も上映終了までごゆるりと楽しむでありんす…。


バカンスを楽しむため、車を走らせるジェリー、ベッキー、アイリーンの3人。
ふと前方を見れば、先を走っていたはずの友人ウディの車が停車しています。

同乗していたアイリーンに話を聞くと、タイヤがパンクしてしまいスペアのタイヤに空気を入れるため、
ウディは一人でガソリンスタンドに向かったとの事です。

こんな所にガソリンスタンドなんて無いと、ジェリーはアイリーンを連れてさっさと出発してしまいます。

デビルズ・ゾーン1
↑実はその頃、マネキンに囲まれ殺されかかっているウディ…。(現場:ガソリンスタンド)
(まぁ、殺されかかっているというか…そのまま殺されちゃうんだけどね…)


しばらくは順調に走っていましたが、突然車が故障して立ち往生してしまうジェリー一行。
ジェリーが車を修理している間、レディー達はきったない池で水遊びを始めます。

デビルズ・ゾーン2
↑もう、ただの泥水やん…


すると、その様子をこっそり覗きにやって来た謎のおじさんスローソンと出会います。

デビルズ・ゾーン3
↑すっかり座り込むエロ親父


車を修理してやると言われ、彼が経営しているガラクタマネキン館へと招かれるジェリーたち。

このスローソンさん…一見すると繁盛していた頃のマネキン館の自慢話が大好きなオジサンなのですが
電話が不通になっていたり、裏の館について尋ねるとゴニョゴニョと話をはぐらかしたりと怪しさ全開です。

ジェリーとスローソンさんが車の修理に向かったため、暇になってしまったレディーたち。
止せば良いのに、スローソンさんの忠告を無視してアイリーンが裏の館へ向かってしまいます。

デビルズ・ゾーン4
↑仮面の男による謎の力で突然硬化したスカーフによってアイリーン死亡


そこへ、修理から戻ったスローソンさん。結局車が直らずジェリーは街まで足を伸ばしていると言います。
アイリーンが居ないと気付いたスローソンさんは、仕方なくアイリーン探しの旅へ…。

疑いも無く一直線に裏の館へ向かうと、マネキン化したアイリーンを発見したスローソンさん。

デビルズ・ゾーン5
↑ムムッ!?


再びマネキン館に戻ったスローソンさんは、見つからなかったと何故か嘘をつき再び探しに出掛けてしまいます。
痺れを切らしたベッキーとモーリーは裏の館へ…。すると一室に明かりが灯っています。

デビルズ・ゾーン6
↑下衆い話で大はしゃぎのベッキー


引き止めるモーリーを無視して部屋に侵入すると、そこには大量のマネキンばかり。
散々探し回ってアイリーンを見つけ、声を掛けてみると当然の如くマネキン…しかも動くし…。
驚いて逃げ出そうとしたところを、突然現れた仮面の男に襲われてしまいます。

地下室に監禁されたベッキーの周りには、街へ向かったはずのジェリーとガソリンスタンドで拉致されたという
ティナという女性がいました。
どうやら、仮面の男は街の蝋人形館で働いていると言っていたスローソンさんの弟で、彼女たちを殺すつもりのようです。

デビルズ・ゾーン7
↑早々と顔に石膏を塗られ殺されてしまうティナ


何とか、縛られた縄を食いちぎったジェリーが不意を付いて仮面の男に飛び掛りますが、圧倒的な怪力で返り討ちに…
今度は手錠でしっかり拘束されてしまいますが、運のいい事に目の前に何故か手錠の鍵が転がっています。
足を使って手繰り寄せ、手を伸ばしたその時、鍵はスルスルと動き仮面の男の下へ…。

デビルズ・ゾーン8
↑超能力を自慢するスローソン弟 (…嫌でも気付きます)


流石に誰も居なくなってしまった為、しぶしぶ仲間を探しに外へ出たモーリーの下へもスローソン弟が登場。
マネキンを投げつけながら追い掛け回します。

デビルズ・ゾーン9
↑何時の間にかマネキンにされてしまったウディ


何とか逃げ出したモーリーの下へ一台の車が…。乗っているのはアイリーンを探していたはずのスローソンさんです。
襲われたと話すモーリーに男の特徴を聞いたスローソンさんは驚いて車を止めてしまいます。

デビルズ・ゾーン10
↑あ…ここははぐらかさないんだ…


聞けば、弟は兄の物を何でも欲しがる性格らしく、自分の顔でさえも欲しがったと言うスローソンさん。
警察に助けを求めようとするモーリーに対して、兄の自分が守ってやりたいと無茶を言い出します。

弟の好きなラジオを点けると誘き出せると、さらに無茶苦茶を言い出すスローソンさんに付き合い
マネキン館に戻る二人。彼がラジオを点けに行っている間、ショットガン片手に見張りをするモーリー。

ラジオが聞こえ始め、早く戻ってきてと叫ぶモーリーの下に早速スローソン弟が登場。

二発ほどショットガンをぶっ放し、マスクをぶっ叩くと、(自分で)マスクを壊しながらスローソンさんが登場。

デビルズ・ゾーン12
↑赤いスカーフが小憎いオシャレ上級者


必死に逃げるも捕まってしまうモーリー。

どうやら、モーリーは死んだ奥さんに似ているらしく(ホントはぜんぜん似てない)スローソン流の
VIP待遇で館に招かれます。(…と言ってもベッドに寝かせてもらっているだけですが…)

一方その頃、運よくヤスリを見つけたジェリーたちは、手錠を抜け出し、仮面のスローソンさんに見つかりながらも
二手に分かれて逃走することに成功。

森の中を走り続け、足を痛めて蹲ってしまったベッキーの下に再びスローソンさんが登場。
ややこしいですが、ベッキーの中では仮面の男=スローソンさんにはなっていないので
素直にマネキン館に連れ込まれてしまいます。

あっさり正体をばらしたスローソンさんはお得意の超能力で、マネキン達を動かす、動かす。

マネキンの投げたナイフがささり、殺されてしまうベッキー。

デビルズ・ゾーン13
↑後頭部にナイフがスンッ!!


デビルズ・ゾーン14
↑何故か驚き顔のスローソンさん (え…何か不満なんですか?)


再びモーリーの下へ戻ったスローソンさんは彼女を連れてマネキン部屋に…。
実は弟と妻が自分の家でエッチしてた為に、殺してしまったというスローソンさん。どうやら後悔しているらしい。
そこへ、モーリーを助けるために舞い戻ってきたジェリーがやって来ます。

デビルズ・ゾーン16
↑斧を持って強がるジェリー。


デビルズ・ゾーン17
↑あっさりマネキンにされて腕とか首とか取られちゃう。


ジェリーを撃破した事に満足したのか、急にテンション上がったスローソンさんは妻の姿を模したマネキンを
抱えると優雅にダンスタイムへ突入…。
妻のマネキンは生前の姿を取り戻し、部屋中のマネキンが動き出します。

デビルズ・ゾーン20
↑怒ったモーリーにあっさり殺られるスローソンさん。


翌朝、笑顔で車を走られるモーリー。車には当然4体のマネキンが…。

デビルズ・ゾーン21
↑どいつもこいつもさっきまで壊れまくってたやん…


さて、マネキン映画である以上、主役のマネキンたちに焦点を当てなければなりますまい。
と言うことで、最後にマネキン画像を並べておきます。それでは、また次回お会いしましょう。

デビルズ・ゾーン22

デビルズ・ゾーン23

デビルズ・ゾーン32

デビルズ・ゾーン24

デビルズ・ゾーン25

デビルズ・ゾーン26

デビルズ・ゾーン31

デビルズ・ゾーン27

デビルズ・ゾーン28

デビルズ・ゾーン29

デビルズ・ゾーン33


※監督のデビッド・シュモーラーは後にマニアの間で不思議と人気の高い「パペット・マスター」なる
  人形映画を撮っているので、よほど人形が好きに違いない。

※チャック・コナーズと綿引 勝彦さんは似ている…。


怖さ:★★★★☆

カナシミ:★★☆☆☆

超能力はもっとマシな事に使おう:★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ハムスターのベック

時々エサをあげてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。