--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-08

ラッツ~太ったネズミが大暴れ~

ラッツ [DVD]ラッツ [DVD]
(2004/07/02)
メッチェン・エイミック、ヴィンセント・スパーノ 他

商品詳細を見る



<あらすじ>

「自由の女神の頭部内で、高圧電流に晒されたネズミ達が凶暴化し、人類へ復…えっ何?」

「…えっ?高圧電流関係無いの?なになに?動物実験の結果?もう少し見てれば分かるって?」


<感想>

はい!って事で、今回は2002年の“凶悪系”ネズミ映画「ラッツ(The Rats)」です。

古くは「人喰いネズミの島」や「ウィラード」&「ベン」さらには「ファングス」果ては「ネズミゾンビ」などなど…。
(あ…「スチュワート・リトル」や「レミーのおいしいレストラン」もそうですね~。見たこと無いけど…)
ネズミを題材にした映画って結構多いですよね。

ハムスター人気も相まって、ネズミ全体の好感度はウナギ上りですが、いわゆる「ドブネズミ」ともなると
流石に嫌悪感を示す人も多いのでは無いでしょうか?

ラッツ(2002)1
(例:ネズミ嫌いで有名なDえもん氏)


見た目は決して悪くないのに、こうも嫌われてしまうのは、病原菌など保菌者としての実害はもちろんの事
やはり、驚異的な繁殖能力が原因では無いでしょうか?

重なり合って何万匹も押し寄せてきたら、そりゃ~怖いってモンです。
やはり巨大なネズミ一匹よりも、大きさそのままで何万匹…ってのがネズミ映画の醍醐味ですね。

この作品は、TV映画として製作されていますが、数あるネズミ映画の中でも良作の部類に入りそうです。
パニック映画では珍しく、これといった悪人が出てこないのも斬新かもしれません。

デパートの社長は、業者が衛生局への報告を行う旨を伝えてもゴネる事はありませんし
衛生局のお偉いさんも、独自調査を行う主人公達に対して、なんら妨害を加える事無く、物語は進んでいきます。

主人公達に対して、調査の妨害や圧力を掛ける人物の存在で、物語に厚みを持たせ尺を稼ぐのが
パニック映画の定石なので、ストーリー全体を通してみると薄い印象は否めませんが、それもまた良し。

しかし、ネズミが人を襲う映画なんだから、もう少しその手の描写があっても良かったのでは?とは思いますが…。


それでは、上映終了までごゆるりと…。


ニューヨークの高級デパート<ガーソン>に勤めるスーザンは、警備から広報果ては金持ちの御守までを取り仕切り
社長からの信頼も厚いスーパーウーマン。

ある日、試着室で指に怪我をした女性の対応を行ったスーザンは、試着室から画鋲を見つけた事により
画鋲では無いと主張する女性客の主張をあっさり退けてしまいます。

ラッツ(2002)4
↑とにかく凄腕らしいスーザン


時を同じくして、スーザンの自宅には巨大なネズミが…。
自宅への侵入は防いだものの、娘のエイミー共々ネズミ嫌いの彼女は、隣人のカールに罠を仕掛けるように依頼します。

ところが、カールは小動物愛好家だった。自室に戻った彼は小動物の尊さを声高に叫び始めます。
そんな彼の下へ見覚えの無い大きなネズミが…。

ネズミ大好きのカールがうっかり手を近づけた瞬間、勢い良く指にかじりつく巨大ネズミ。

ラッツ(2002)5
↑噛み付いたネズミを殺す為、バットを振り回すエセ動物愛護者


その様子に怯えたペット達に謝罪をしている彼の背後には、既に何百と言う数のネズミの大群が…。
体中に張り付いたネズミ達によって、あっと言う間に食い殺されてしまうカール。

ラッツ(2002)6
※ちなみに彼が見ていたのは「蠅男の恐怖」です。ご存知無い方はこちらから…。


病院で一人の女性を見つめるスーザン。
先日の女性客が、ネズミが媒介するワイル病を患い緊急入院していたのである。

イメージダウンを恐れた、ガーソンの社長は前任の駆除業者に怒り心頭。
スーザンは責任者として、新たな駆除業者を手配することに…。

ラッツ(2002)7
↑その後、殺されたようです。


スーザンの依頼でやって来たジャックは、前任者の不備を指摘し、デパートが閉店するのを待って
スーザン、そして相棒のタイとともに調査を開始します。

ラッツ(2002)9
↑青く光る部分がネズミのオシッコした跡らしい


ネズミの大群の痕跡を認めた彼らは、社長へ早急に駆除する必要がある事を伝える。そこへ一本の電話が…。
シングルマザーのスーザンは、仕事で手が離せない事も多く、友人に頼んでエイミーの御守をしてもらっているのですが
そのエイミーが通うスイミングスクールのプールにもネズミが大発生。
現場に駆けつけたスーザンとジャックは、エイミーの証言から通常のネズミでは無いとの疑いを強めます。

ラッツ(2002)10
↑紛れ込んだどころの騒ぎじゃない


しかし、衛生局の発表はプールに居合わせた人々の証言と大きく異なるものでした。
二人は、ジャックの“元”雇い主であり、ジャックに事業を譲り、政治の道へと進んだレイに真相を問いただす。

彼によると、ネズミによる被害が相次いでいる事は事実だが、街の式典などが迫っている事もあり
異常事態と断定できない限りはいたずらにパニックを誘発することを恐れ、事実を隠蔽しようと画策していた。

政府さえ当てに出来ないと知った二人は、ガーソンに大量発生しているネズミのアジトを探る中で
今は忘れ去られ、誰も立ち入らない“万引き監視用”の隠し部屋に目星を付けます。

ラッツ(2002)2
(熱中するあまり的確な指示を出し始めるDえもん氏)


隠し部屋はNYの地下道へと通じており、そこから大量のネズミがデパートへエサを求めて流れ込んでいることに
気付いた彼らは、社長へと駆除の要請を申し出ますが発生源がデパートの敷地外であった為
社長は州に任せると判断を下し、スーザンに元の業務へ戻るよう命じます。

早急に手を打たないと手遅れになると準備を進めるジャックに対して、社長の命令を伝え、手を引くように迫るスーザン。
二人は不穏な空気のまま、別れてしまいます。

ラッツ(2002)11
↑たぶん私でも金は出さない。(というか、社長の判断は全く間違っていない)


女性客の見舞いに向かったスーザンは車の中で巨大なネズミに襲われる。
その恐怖心と女性客の様態が好転しないままの現状に自分の考えを改め、再びジャックへの協力を申し出ます。

一方で別行動を取っていたタイの調査により、デパートの地下で発見したネズミは男性ホルモンの以上に高い
筋肉の発達した変異種であり、動物実験の産物ではないかとの疑いから、被害の発生している地区の中間に位置する
動物実験研究所にてジャックたちと落ち合うことに…。

ラッツ(2002)12
↑珍しく仕事の出来る相棒


研究所は、違法な実験行為に対する衛生局の指導により2既に立ち退いていましたが、実験によって強化されたネズミたちは
檻を破り、その他の実験動物を食い荒らすと、ニューヨークの地下へと勢力を伸ばしているようです。

レイに事情を説明し協力を要請するが、明確な証拠が無い以上協力は出来ないと取り合ってもらえません。
スーザンは、プールでの情報操作の一件をチラつかせ、何とか人員一人の確保と、リモートカメラのレンタルに成功します。

ラッツ(2002)13
↑遂にアジトを発見したようです。


地下で膨大な数のネズミを発見したジャックですが、リモートカメラの操作中に誤って送電線を切ってしまった為に
興奮したネズミたちは一気に地下鉄用のトンネルへと流れ込んでしまいます。
その頃、地下鉄の車内には、プール帰りのエイミーとスーザンの姿が…。

ラッツ(2002)14
↑外に出た途端に喰われる運転手(もう少し待っていればジャックが…)

ラッツ(2002)15
↑なにこの毛皮コーティング車両


被害を予測して現場に向かったジャックたちは、消火器でネズミを撃退し、スーザン達を助け出します。
自分ばかりを狙ってくると話すエイミーに対して、香水の匂いに引き付けられているというスーザン。

実はエイミーの香水は、ネズミの実験に利用していた植物を主原料としており、ガーソンにも大量に用意されていた。

通報を受け現場へ駆けつけたレイに、早急な駆除を進言しますが、これ以上パニックを誘発するようなら
免許を取り上げ、逮捕すると脅されたジャックは、スーザンと共に自分達でケリをつけることを決意します。

社長が気前良く、誘導用の香水を何十箱も用意してくれたため、誘導用のリモートカメラに香水を括りつけ、
営業をストップしているプールへと香水を撒き散らし、プールにおびき寄せたところを一気に爆破しようと計画します。

ラッツ(2002)16
↑世にも珍しいネズミの噴水


しかし、リモートカメラが誘導途中で故障してしまい、タイは単身オトリとなりプールへとネズミ達を導きます。
間一髪でプールの通風孔へと辿り着いたタイですが、その様子を窺っていたスーザンが飛び出してきたタイと衝突し
既にネズミで満たされたプールへと落ちてしまいます。

ラッツ(2002)17
↑長いこと埋もれていた割には、大した怪我もしていない。


何とか、スーザンを救い出すことに成功したジャックは、彼女を抱えながら爆破スイッチを押します。

ラッツ(2002)3
(現実との見境が付かなくなり、地球ごと破壊しようとするDえもん氏)


ドッカン!!



ラッツ(2002)18   ラッツ(2002)20
↑べジータ様も大満足のようです。


後日、エイミーを連れてランチへと向かうジャックとスーザン。その光景は、まさに家族そのものであった。

ラッツ(2002)19
↑最後はきっちりお約束ネタありです。


※プールで爆破事件を起こしていたので、二人のその後が心配でしたが、どちらも職を失っていないようで安心しました。

※物語の序盤、別れたパパとお友達になれるかとの問いに気の無い返事を返したスーザンに不満顔をしていたエイミーは
  終盤ではジャックの事をすっかり気に入り、母であるスーザンに男として好きかを問う場面があります。
  結果的には、自分のパパは空気よりも薄い存在に…。子供の気持ちは移り気なのである。
 

怖さ:★★★☆☆

カナシミ:★★☆☆☆

ドラえもん発狂度:★★★★★ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: タイトルなし

いつもコメントありがとうございます。
なかなか面白い作品ですよ。

B級ホラー好きなら楽しめる作品だと思いますw

超有名な「ネコバス」ではなく、「ネズミバス」ですねぇ・・・。
また、「蠅男の恐怖」が恐怖を誘います。

なかなか美味しゅう御座いました。

ハムスターのベック

時々エサをあげてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。